デリヘル嬢のための"ROAD TO WIN"

キツい仕事だからこそ、そこに楽しさを見つけることが長く続ける秘訣。でも、ダラダラと惰性で続けることなく、期限を決めてしっかり稼ごう! これがデルヘル嬢『勝ち組』への道だ!

*

成田のデリヘルでしっかり勝ち組に入る為に

今や全国で一番店舗数の多い風俗ジャンルにまで成長したデリヘル業界。その数およそ18,000店! 日本にある各都道府県数は47。そこにある市町村は最近の統廃合で正確ではないかもしれないが、おおよそ1,727(2010年現在。区をのぞく)市町村、つまり日本全国津々浦々の市町村にも10店舗弱のお店がある計算だ。当然そこの勤める従業員女性の数もかなりのものになる。
ただ、最近は昔に比べ、影そのものもは薄まったが、残念ながらまだまだ日陰の職業とはいえる。従事する方にも様々な理由により、金銭的な困難を打破すべく始めたコがきっと多いに違いない。
だが、成田など多くのデリヘル嬢はいう。「思ったより全然稼げない。アタシ、結構頑張ってるのに…」そこでここでは、そんな多くの風俗嬢へのエールに代えて、こんな企画をたちあげてみた。
ただ、困ったことにこれは「だれもがやれる簡単なこと」とはいえない。でも、成田でもこのデリヘル業界に入る時の勇気と覚悟、そしてこの業界独特のツラさを経験したことのあるあなたならきっと乗り越えられる壁である。
「しっかり稼いで勝ち組になるための道」そのポイントは様々にある。それぞれの要点をまとめるなら「どうせやるなら、そこに楽しい部分を見つけよう。それが長く続ける秘訣である」「この業界のキモは”セルフプロデュース”自分を客観視できるかがカギになる。」「イイオンナは成田でも良いデリヘル店にこそ集まる。その中で切磋琢磨してゆこう」「お客様は神様? いや、お客様はお客様。全てにYESではなく、効果的にNOを使えるオンナになろう」「目標を決めて荒れた暮らしにはサヨナラすべし」などであろうか。これから1つ1つ紹介していくが、中には耳の痛い事柄もあるだろう。「何言ってんのよ、こっちの気も知らないで」という気持ちにもなるだろう。ただ、厳しい言い方をすれば、あなたの行く末を握るであろう未来のお客様は、その事情を知らない。そしてあなたにはこの仕事を続けていく必要がある。だからこそのアドバイスである。最後には、笑ってる自分を作るためにまずはちょっとだけ聞いてみて欲しい。
少し耳を傾けたうえでお薦めの稼げるスポットを調べるためにも成田のデリヘル風俗情報でしっかりと勝ち組に入ろう。
まず勝ち組として世間での認識は、今生きている社会の中で荒波に揉まれながらも競争に勝ってきた成功者のことであるとされる。成田などのデリヘルでも店の中、あるいは情報サイトなどのランキングに常に上位に居続けることなどを指します。ただ、女の子の中には目標額を達成したり、もともと持っていた将来の夢を実現できたりしたときにも勝ち組に属することができるとも思われます。
近年の主婦層でも独自の「勝ち組論」がある。世帯の年収が高ければ高いほど良いとも言われるが、単にそれだけでは終わらない。子どもの出産回数や人数も多ければ多いほどよいとされ、性別もバランスがとれていることが望ましい。旦那の肩書きや子どもを有名校に入学させることは当然のことであり、さらに海外留学やインターナショナルスクールへと通わせることがステイタスとされているようです。
自宅でサロンを開き、自分のお弟子さんや生徒さんを確保するということも上位なんだそうで。さらに専業主婦よりはバリキャリママの方がより「勝ちぐみ感」を出すことにはひと役買っているともいうのですから、女の世界は恐ろしいですね。
しかし、そんな主婦たちのちっぽけな概念よりもセルフプロデュースできているデリヘル嬢の方がよほど男たちには魅力的に映るものである。ぜひ成田のデリヘルでもこうした男がそそられる女性になっていただきたいものである。

公開日:
最終更新日:2016/05/24